2019年08月07日

塾の特徴

うちの塾の特徴は、発達障害を持っている生徒に詳しいということ
特にLDの人たちにいろんな角度からアプローチできると思ってます。
苦手な部分を頑張らせるのではなく、辛い感を減らして学習するにはどういう手法をとればいいか、どういう脳の力が発達しきっていないか、それを少しでも発達させるにはどんなことをすればよいかなど、これまでの経験と勉強してきたことを使いながら、学習の中に組み入れています。
その一つに、ビジョントレーニング、またそのほかには、感覚統合の理論を用いて、脳にいろんな感覚を統合させる働きかけをしながら、学習します。
ほかには、小学生に対しては、基本的に論理的思考を養うための教材を使っています。
中学、高校になって数学ができません、国語の長文の読解が苦手です。という生徒が来ます。
その生徒たちは、往々にして論理的思考ができない人が多いのに気づきました。
小学生のうちにこれができれば、こんなにわからなくなってないのに、と感じます。
だから、小学生に対しては、まず論理的思考を養うための教材に取り組んでもらいます。
時々、学校の勉強がわからないので、と言われる保護者の方もいらっしゃいます。
学校の勉強の補習もしますが、プラスで論理的思考の教材もさせてもらっています。
少しよその塾とは違っていますが、これがうちスタイルです
それともう一つ、一人一人の様子を見ながら、疲れてきたら休憩をチョコチョコ挟みます。
それでリフレッシュして、また学習に戻ります。
posted by 統合学習とそめおり at 18:01| 日記